Dreaming official blog それいけ!ドリーミング

香美市香北町のキセキ②~カヨちゃんがやって来た!~2019年10月23日

カテゴリ: ブログ

「やなせたかし演奏自慢コンテスト」では、アンパンマンを代表するバラード♪「勇気の花がひらくとき」をうたいました。
この日初めてひとりでうたいました。

でもひとりじゃなかった。
やはりドリーミングは “ふたり” でうたっているのです。

一人だけど二人
二人だけど一人

カヨがやなせ星に行ってから
最初から感じていたこと。

確信していたこと…。

本当でした。

影がふたつあります。

右を向いてる影と。左を向いている影。
違う影がふたつ。
ちゃんとシンメトリーになっています。

アンパンマンは影がひとつ。

ちなみに照明さんの演出ではありません。

きっと何かの偶然が重なってできた奇跡の影なのでしょう。
でも、偶然はただの偶然でないと思います。
私もカヨも常々語っていたことがあります。
それは「目に見えるものだけが ”本当のこと“ ではない」ということ。

目に見えないものを信じる力は大切なことだと思うからです。

でも今回カヨは ”目に見える形“ で登場してくれました。

10月の本当の意味でのドリーミングの「新出発」に合わせて。
本格復帰に合わせて。
やなせ先生のもとに合わせて。
私と一緒にカヨも復帰したかったのだと思います。

前日、やなせ先生のお墓の上を幸せそうに浮かんでいた優しい形の「双子雲」は、間違いなくチヨとカヨだったのだと思います。

これからもドリーミングはふたりです。